※現行車の査定基準は(財)日本自動車査定協会の中古自動車査定制度にもとづいての
ものとしてです。
通商産業、運輸両省の指導のもとに
『中古自動車査定士』という資格があります。  
 詳しくは
  (財)日本自動車査定協会 
 TimeJunction(当社)は登録査定士が所属する査定業務実施店です。

 詳しくは電話、メールにてお問い合わせください。

copyright (C) 2000-2010 TimeJunction. All Rights Reserved
千葉県公安委員会古物商許可第441110000725号

個人の所有されている車輌でも、複数オーナー歴のある車輌は、現オーナーが車輌の状態を
わからないで購入されているケースも良くあります。特に悪い例をあげると、作り物です。車体の
一部と書類があればベース車輌を元に別のグレードの車輌が出来てしまいます。これは、特に
悪い例です。しかし、これほどではなくてもグレードの異なるエンジンを載せられていたり、いい
加減な修理をされていたりする車輌もあります。

旧車の場合よく『事故歴はありますか?』という質問をうけます。これは、現行車の※査定基準から
判断するとフルレストア車は『全損』扱いになってしまいますし、フロア−やサイドステップなども錆び
や腐りなどで、パーツ交換がされている場合も事故車扱いになってしまいます。確かにオリジナルで
状態の良い車輌であれば、それが最良ですが、流通している車輌の多くが大なり小なりの修理がさ
れています。しかし、生産されてから何10年も経過しているのですからその間に何かあっても不思議
ではないですよね。ですから、この場合は、どのように修理されいるかが大事なポイントになります。

旧車を購入されたい方へ

旧車を購入される場合に気になるのが、車輌の事故歴、修復歴、オリジナルか、金額的に妥当な
車輌か、など、いろいろな気になる要素があります。TimeJunctionでは、豊富な経験を生かし業
者・一般の方々に車輌状態から金額にいたるまでのお手伝いをいたします。

コンサルタント業務

旧車の価格についてですが、これはある程度の相場はありますが、これは車輌の状態により極端に言
いますと0〜時価です。旧車の相場は、変動します。車種によっては値の上がる物もありますし、逆に
下がるものもあります。TimeJunctionでは、さまざまな情報(業者・旧車オークション・市場など)から
適正な価格を判断いたします。
中古自動車査定士 査定士番号 第37533186号

E−メール

 090−3332−9886 (番号通知でお願いします)
            担当 小倉